耳、鼻、のどの手術・短期入院ができるサージセンター大阪 大村耳鼻咽喉科

論文と参加学会

TV出演

  1. 大村正樹:K-CAT「なっトク☆医学」 #16 耳の不調 耳鳴り・難聴 2012.2.17
  2. 大村正樹:K-CAT「なっトク☆医学」 #33 扁桃腺の腫れ 2012.11.2

論文

  1. 大村正樹、檜 学、中西和仁、伊藤信輔、泉川不二子、二木 隆:興味ある異常眼運動を呈した脊髄小脳変性症の1例;その神経耳科学的検討.耳鼻臨床 71:1161- 1170, 1978.
  2. 中西和仁、牧本一男、平本道昭、伊藤信輔、大川正直、吉井正清、泉川不二子、大村正樹:鼻アレルギーに対する2%DSCG液剤の治療効果.耳鼻臨床 72:551-564, 1979.
  3. 大村正樹、八木伸也、加納直行、牧本一男:コリン系薬剤の外リンパ酸素分圧に及ぼす影響.内耳生化学 11:161-163, 1980.
  4. 加納直行、大村正樹、八木伸也、牧本一男:Furosemideの内耳液電解質濃度に及ぼす影響.内耳生化学 11:132-134, 1980.
  5. 加納直行、八木伸也、大村正樹、牧本一男:Glycerolの内耳液電解質濃度におよぼす影響.Audiology Japan 23: 385-386, 1980.
  6. 八木伸也、大村正樹、加納直行、牧本一男:外リンパ酸素分圧と頚部交感神経刺激.Audiology Japan 23:387-388, 1980.
  7. 加納直行、牧本一男、大村正樹、八木伸也:生理食塩水静注の外リンパ電解質濃度におよぼす影響.耳鼻臨床 74:2257-2262, 1981.
  8. 大村正樹、八木伸也、加納直行、牧本一男:GlycerolによるFurosemideのEP低下作用に対する相加効果について.Audiology Japan 24:413-414, 1981.
  9. 加納直行、牧本一男、八木伸也、大村正樹:グリセロールの外リンパ電解質濃度におよぼす効果.Audiology Japan 24:23-25, 1981.
  10. Kanoh N, Yagi N, Ohmura M , Makimoto K: Effect of glycerol on sodium and potassium concentrations in guinea pig perilymph. Arch Oto-Rhino-Laryngol 230: 177-180, 1981.
  11. 大村正樹、ラファエル・ヨアシュ、八木伸也、加納直行、牧本一男:幼若モルモットにおけるFurosemideのEP低下作用とそれに対するGlycerol効果について.Ear Res Jpn 13:173-175, 1982.
  12. Ohmura M, Yagi N, Kanoh N, Makimoto K: Effect of glycerol on the EP decrease caused by furosemide. Acta Otolaryngol(Stockh) 94:445-449, 1982.
  13. 八木伸也、大村正樹、牧本一男、加納直行:フロセマイドとEP.Ear Res Jpn 13:164-166, 1982.
  14. 八木伸也、大村正樹、牧本一男、加納直行:フロセマイドとEP(その2).Audiology Japan 25:267-268, 1982.
  15. 馬場駿吉、大村正樹、他94名:化膿性中耳炎に対するセフメタゾールとセファゾリンの薬効比較成績.The Japanese Journal of Antibiotics 35: 1523-1552, 1982.
  16. 大村正樹、Yehoash Raphael、八木伸也、加納直行、牧本一男:モルモット胎児蝸牛の発達過程における機能的ならびに形態学的側面.耳鼻臨床 76:399-406, 1983.
  17. Raphael Y, Ohmura M, Knoh N, Yagi N, Makimoto K: Prenatal maturation of endocochlear potential and inner ear fluids electrolytes. Arch Oto-Rhino-Laryngol 237:147-152, 1983.
  18. 大村正樹、八木伸也、加納直行、牧本一男:FurosemideのEP低下作用に対する血圧の影響について.Ear Res Jpn 14:136-138, 1983.
  19. 八木伸也、深澤達也、広野喜信、大村正樹、牧本一男:フロセマイドとEP(その3).Ear Res Jpn 14:133-135, 1983.
  20. 八木伸也、深澤達也、大村正樹、牧本一男:フロセマイドとEP(モデルによる分析).耳鼻臨床 76:3217-3328, 1983.
  21. 大村正樹、牧本一男、加納直行、深澤達也:IsosorbideによるFurosemideのEP障害性への影響.Audiology Japan 26:455-456, 1983.
  22. 加納直行、Yehoash Rapheal、大村正樹、深澤達也、広野喜信、牧本一男:モルモットの発達段階における内耳液電解質濃度.耳鼻臨床 77: 785-792, 1984.
  23. 大村正樹、牧本一男、深澤達也:FurosemideのEP低下作用に対するDextranの効果.Ear Res Jpn 15:296-298, 1984.
  24. 加納直行、Yehoash Raphael、大村正樹、深澤達也、広野喜信、牧本一男:モルモットの胎児と新生児の内耳液電解質濃度.Ear Res Jpn 15: 218-219, 1984.
  25. 深澤達也、広野喜信、加納直行、大村正樹、牧本一男:CMのEP依存性について.Audiology Japan 27:495-496, 1984.
  26. 大田耕造、東 文生、大村正樹、渡辺吉弘:Latamoxefの口蓋扁桃および上顎洞粘膜組織内移行について.基礎と臨床 18:411-417, 1984.
  27. Ohmura M, Raphael Y, Kanoh N, Yagi N, Makimoto K: Effect of glycerol on the furosemide-caused EP decrease in guinea pig neonates. Acta Otolaryngol(Stockh) 99:21-24, 1985.
  28. Kanoh N, Ohmura M, Yagi N, Makimoto K: The developing electrolytes concentrations of inner ear fluids in guinea pigs. Acta Otolaryngol (Stockh) 99:525-528, 1985.
  29. Makimoto K, Ohmura M, Tamada A, Kanoh N, Misaki T, Iida Y, Kasagi K, Endo K, Konishi J, Torizuka K: Combined scintiscans in the diagnosis of thyroid carcinomas. Acta Otolaryngol (Stockh) Suppl 419:189-194, 1985.
  30. 森 徹、赤水尚史、横田敏彦、中村浩淑、牧本一男、大村正樹、石原 隆、早稲田則雄、池窪勝治、石川稔晃:バセドウ病手術に際してのβ遮断剤ことに酒石酸メトプロロール(SELOKEN)大量療法の有用性.内分泌外科 2:345-354, 1985.
  31. 大村正樹、牧本一男、深澤達也:モルモット胎仔のEPと蝸牛管抵抗.Ear Res Jpn 16:132-134, 1985.
  32. 大村正樹、牧本一男:Furosemideの内耳液移行に関する実験的研究.Audiology Japan 28:365-366, 1985.
  33. Kanoh T, Hattori N, Uchino H, Fujita A, Ohmura M, Makimoto K: Extra-medullary plasmacytoma of the parotid gland. Report of a case and reviewof the literature. Tohoku J Exp Med 146:469-478, 1985.
  34. 大村正樹、牧本一男、神谷 晃、奥村勝彦:Furosemideの内耳液移行に関する実験的研究.耳鼻臨床 78:2501-2506, 1985.
  35. 大村正樹、田口清隆、北 真行、藤田明彦、牧本一男:機能性甲状腺結節の5症例.耳鼻臨床 78:2793-2798, 1985.
  36. 本庄 巖、大村正樹:副咽頭間隙膿瘍切開術.pp.142-143、図説耳鼻咽喉科・頭頚部外科手術書.(本多芳男 他編)メジカルビュー社、東京、1986.
  37. 玉城 進、大村正樹、田坂康之、本庄 巖:D−P皮弁による一期的下咽頭食道再建.耳鼻臨床 79:267-272, 1986.
  38. 大田耕造、佐藤佳代子、石川保之、渡辺吉弘、大村正樹、東 文生:甲状腺腫瘍の画像診断−RIシンチグラフィーと超音波検査−.耳鼻臨床 79:1655-1661, 1986.
  39. 深澤達也、大村正樹、八木伸也:蝸牛中央階K−リンゲル注入のCMへの効果.Ear Res Jpn 17:313-315, 1986.
  40. Fukazawa T, Ohmura M, Yagi N:The effect of injection of high K+ solution into scala media. Acta Otolaryngol(Stockh)103:170-175,1987.
  41. Ohmura M, Satoh H, Honjo I:Influence of altered middle ear pressure on cochlear microphonics. Acta Otolaryngol(Stockh)104:255-260,1987.
  42. 内藤恵理、大村正樹、玉城 進、田坂康之、辻 純:バセドウ病の術前治療.抗甲 状腺剤が使用できなかった6症例.耳鼻臨床 80:1701-1707,1987.
  43. 松井祐佐公、北市正則、安場広高、長井苑子、木野稔也、泉 孝英、大島駿作、渡部 智、人見滋樹、赤木真由美、大村正樹:Malignant lymphoma of lymphomatoid granulomatosis typeの1例.日胸 46:669-680,1987.
  44. 内藤 泰、大村正樹、玉城 進、八木伸也:MRIによる頭頚部腫瘍の頭蓋内浸潤の診断.耳喉 59:93-98,1987.
  45. 大村正樹:フロセミドに対する血液−内耳関門の透過性に関する実験的研究.耳鼻臨床 81:257-271,1988.
  46. 野田淳子、梅田信一郎、森山 亭、大村正樹:星状神経節生理食塩水注入の鼻アレルギーに対する効果.ペインクリニック 9:613-617,1988.
  47. 竹林恵子、山本悦生、大村正樹:鼻腔通気度計の使用経験.神戸市立病院紀要 27 :87-92,1988.
  48. 広野喜信、山本悦生、磯野道夫、大村正樹、水上千佳司:末梢性顔面神経麻痺のABR所見.Facial N Res Jpn 8:65-68,1988.
  49. 山本悦生、水上千佳司、磯野道夫、広野喜信、大村正樹:錐体尖真珠腫症例での顔 面神経修復.Facial N Res Jpn 8:93-96,1988.
  50. Noma S, Kanaoka M, Minami S, Sagoh T, Yamashita K, Nishimura K, Togashi K,Itoh K, Fujisawa I, Nakano Y, Ohmura M, Tasaka Y, Itoh H, Konishi J. Thyroid masses:MR imaging and pathologic correlation. Radiology 168:759- 764,1988.
  51. Noma S, Minami S, Sagoh T, Yamashita K, Shibata T, Fujisawa I, Ohmura M, Tasaka Y, Itoh H, Konishi J:High-field surface-coil magnetic resonance imaging of thyroid disease. Hospimedica 6:37-42, 1988.
  52. Ohmura M, Baron J.B, Besineton J.C, Guilbret P, Pacifici M, Lemaire V:Influence of the inclined floor on the stepping test. Medica Physica 11:99-104,1988.
  53. 田坂康之、大村正樹、玉城 進:UFT投与上顎癌の血中・組織内5-FU濃度.耳鼻臨床 81:1521-1525,1988.
  54. 山本悦生、大村正樹:耳鼻咽喉科領域におけるマイクロサ−ジャリ−.オペナ−シング 4:211-216,1989.
  55. 山本悦生、広野喜信、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子、内田博也:鼓室型中耳傍神経節腫例.耳鼻臨床 82:1391-1397,1989.
  56. 山本悦生、竹林恵子、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:特発性外リンパ瘻症例の経験.神戸市立病院紀要 28:177-181,1989.
  57. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:当科における突発性難聴の治療成績.神戸市立病院紀要 28:97-101,1989.
  58. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子:他覚的耳鳴の2症例.神戸市立病院紀要 28:183-187,1989.
  59. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:顔面神経麻痺で発症した 中耳傍神経節腫例.Facial N Res Jpn 9:91-94,1989.
  60. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:顔面神経麻痺の程度判定基準の再検討.Facial N Res Jpn 9:17-20,1989.
  61. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子、森 一功:動脈血酸素飽和度測定装置の耳鼻咽喉科領域での使用経験.日耳鼻 92:931-935,1990.
  62. Ohmura M, Yamamoto E, Haji T, Mori K.:Transection of posticus and nerve suture for the recurrent nerve injured cases. Recent advances in bronchoesophagology. Edited by Inoue T, Fukuda H, Sato T, Hinohara T:pp 311-312. Excerpta Medica, Amsterdam, New York, Oxford, 1990.
  63. Ohmura M, Yamamoto Y.:Differences in endocochlear potentials in response to anoxia in maturing and mature guinea pigs. Eur Arch Otorhinolaryngol 248:8-10,1990.
  64. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子、宮本 武、中島秀行:上咽頭癌のremote afterloading system治療.耳鼻臨床 83:1213-1218,1990.
  65. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:耳小骨形成におけるツチ骨頭の利用.耳鼻臨床 83:1355-1359,1990.
  66. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、水上千佳司、磯野道夫:脳硬膜切除と側頭骨亜全摘を行った中耳扁平上皮癌症例.臨床耳科 17(1):62-67,1990.
  67. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:前庭水管外孔の三次元画像.耳鼻臨床 83:1775-1780,1990.
  68. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:中耳手術でのキチン膜(ベスキチンW)の使用経験.耳喉頭頚 62:337-342,1990.
  69. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:遊離植皮へのキチン膜(ベスキチンW)の応用.耳喉頭頚 62:429-432,1990.
  70. 山本悦生、広野喜信、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司:中耳腺腫症例.日耳鼻 93:2047-2051,1990.
  71. 山本悦生、水上千佳司、磯野道夫、大村正樹、広野喜信:三次元画像による前庭水管外孔の観察.Equilibrium Res Suppl 6:28-30,1990.
  72. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:EPに対するAnoxiaの影響−モルモット胎仔と新生仔の比較−.Ear Res Jpn 21:227-228, 1990.
  73. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、磯野道夫、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人:モルモットにおける蝸牛内直流電位(EP)の発達過程.Otol Jpn 1(1):51-54, 1991.
  74. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:両側外傷性顔面神経麻痺症例.Facial N Res Jpn. 10:109-112,1990.
  75. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司:ベル麻痺例の血液検査所見.Facial N Res Jpn. 10:133-136,1990.
  76. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:慢性中耳炎の検出菌と各種薬剤の最小発育阻止濃度.日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 8:77-80,1990.
  77. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:鼓室硬化症の臨床.神戸市立病院紀要 29:75-80,1990.
  78. 山本悦生、水上千佳司、大村正樹、磯野道夫、広野喜信:側頭骨の三次元画像.神戸市立病院紀要 29:97-101,1990.
  79. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、水上千佳司、磯野道夫、細谷 亮、鈴木茂彦:空腸遊離移植を行った下咽頭頚部食道癌症例.神戸市立病院紀要 29:103-107, 1990.
  80. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信:当科めまい外来の現況.神戸市立病院紀要 29:109-113,1990.
  81. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:悪性黒色腫の3症例.神戸市立病院紀要 29:137-142,1990.
  82. 池窪勝治、日野 恵、伊藤秀臣、山口晴司、才木康彦、宇井一世、富永悦二、中西昌子、川井順一、黄 俊清、石原 隆、服部尚樹、倉八博之、大村正樹、森 徹:131Ⅰ全身シンチグラフィによる甲状腺分化癌転位巣の早期診断と131Ⅰ治療. 核医学 28(3):247-259,1991.
  83. Yamamoto E, Ohmura M, Isono M, Hirono Y, Mizukami C:Middle-ear paragalioma masquerading as traumatic facial nerve palsy. ORL 53:177-179,1991.
  84. Isono M, Yamamoto E, Ohmura M:The clinical features of tympanosclerosis. Proceedings of the XⅣ World Congress of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery. ed. by Sacristan JJ, et al.:pp227-231, Kugler & Ghedini Publication, Amsterdam, Berkeley, Milano, 1990.
  85. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、宗田由紀:三次元画像による内耳道孔の観察.Otol Jpn 1(2):7-10, 1991.
  86. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信:上顎前歯部に発生したエナメル上皮腫.耳鼻臨床 84:749-754, 1991.
  87. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、磯野道夫、広野喜信、細谷 亮、石川稔晃、鈴木茂彦:遊離S状結腸で再建した下咽頭頚部食道癌例.耳鼻臨床 84:787-792,1991.
  88. Yamamoto E, Ohmura M, Mizukami C, Isono M, Hirono Y:Observation of the external aperture of the vestibular aqueduct using three-dimensional surface reconstruction imaging. Laryngoscope 101: 480-483, 1991.
  89. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人、石原 隆、服部尚樹、倉八博之、日野 恵、池窪勝治、黄 俊清:甲状腺乳 頭癌の遠隔転移と頚部リンパ節転移.耳鼻臨床 84:987-992, 1991.
  90. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、高橋晴雄:当科におけるNeo-adjuvant chemotherapyの奏効率.頭頚部腫瘍 17:17-20, 1991.
  91. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、大森孝一、宗田由紀:メニエール病のステロイド治療.Equilibrium Res Suppl 7:83-87, 1991.
  92. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、船曳和雄、田辺牧人:側頭骨内顔面神経腫瘍の2症例.Facial N Res Jpn 11:123-126, 1991.
  93. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、大 森孝一:小児の鼓膜形成術の実施時期.耳鼻臨床 85:203-207, 1992.
  94. Yamamoto E, Mizukami C, Ohmura M:Investigation of the external aperture of the vestibular aqueduct in Meniere's disease by three-dimensional image analysis. Acta Otolaryngol(Stockh) 112:31-35, 1992.
  95. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、田辺牧人、船曳 和雄、幸 茂男:中耳疾患のMRI.神戸市立病院紀要 30: 1-5, 1991.
  96. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、宗田由紀、伊藤栄子、藤本敏明、田中 忍:温度眼振検査の自動分析.神戸市立病院紀要 30: 15-18, 1991.
  97. 山本悦生、宗田由紀、大村正樹、水上千佳司:特発性外リンパ瘻の臨床像−本邦で の報告例から−.神戸市立病院紀要 30: 23-26, 1991.
  98. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳 和雄:最近1年間の鼻アレルギー患者の統計−RASTスコアを中心として−.神戸市立病院紀要 30: 27-32, 1991.
  99. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、磯野道夫、水上千佳司、春田恒和、田嶋千恵美、馬場国蔵:手術を施行した急性化膿性甲状腺炎の3症例−4歳児症例を中心に−. 神戸市立病院紀要 30: 33-37, 1991.
  100. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、船曳和雄:当科における顔面骨折症例の現況.神戸市立病院紀要 30: 111-116, 1991.
  101. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、日野 恵、伊藤秀臣、池窪勝治:頭頚部癌動注療法への99mTc-MAA SPECTの応用.耳鼻臨床 85,1992.
  102. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、大森孝一:Non-recurrent laryngeal nerve−鎖骨下動脈走行異常を確認できた症例−.耳鼻 臨床 85,1992.
  103. 大森孝一、山本悦生、大村正樹、船曳和雄、白根博文、樋口佳代子:耳下腺転移 した甲状腺微小癌例.耳鼻臨床 85,1992.
  104. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:耳下腺腫瘍手術症例の 検討.耳鼻臨床 85,1992.
  105. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋:喉頭癌T1、T2症例に対するCO2レーザー放射線併用療法.日気食会報 43,1992.
  106. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄:外耳道骨腫の2例.Otol Jpn 2,1992.
  107. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋、大森孝一:後筋切除と神経移植を行った反回神経麻痺症例.喉頭, 1992.
  108. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄:前庭水管外孔の発育過程−メニエール病の発育不全について−.Otology Japan, 1992.
  109. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄:外耳道骨腫の2例.Otology Japan, 1992.
  110. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋、田中友二:副咽頭間隙膿瘍の脳動脈瘤合併例.耳鼻臨床86:85-94, 1993.
  111. 田辺牧人、山本悦生、水上千佳司、大村正樹、老木浩之、宗田由紀:椎前筋内に進入した食道異物例.耳鼻臨床 86: 109-112, 1993.
  112. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋、畦元将吾:三次元CT画像測定の精度に関する検討.耳鼻臨床 86: 875-879, 1993.
  113. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:LANを利用した標準純音聴力検査データベースシステム.日耳鼻96:225-230, 1993.
  114. 大村正樹、山本悦生、辻 純、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋、船曳和雄:頭頚部癌のリザーバー動注療法.頭頚部腫瘍 19: 264-268,1993.
  115. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、田辺牧人、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、白馬伸洋:当科での悪性リンパ腫症例 −耳下腺悪性リンパ腫例を中心に−.神戸市立病院紀要 31: 97-102, 1993.
  116. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、田辺牧人:耳後部腫瘍を呈した先天性真珠腫の一例.神戸市立病院紀要 31: 103-106, 1993.
  117. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋、大西正信:金属プレートで再建した下顎骨切除症例.神戸市立病院紀要 31: 107-110, 1993.
  118. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:慢性中耳炎手術例での鼓室・乳突洞の検出菌の比較.Otol Jpn: 168-171, 1993.
  119. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋、大森孝一:後筋切除と神経移植を行った反回神経麻痺症例.喉頭 5: 65-68, 1993.
  120. Yamamoto E, Ohmura M, Mizukami C, Oiki H, Muneta Y: Two cases of intratemporal facial nerve fibroma. Proceedings of the VIIth international symposium on the facial nerve. ed. by Stennert ER. Springer Verlag, Berlin, Heidelberg, New York, 1992.
  121. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、田辺牧人、白馬伸洋:左顔面神経麻痺・両側感音性難聴で発症した神経サルコイドーシスの一例.Facial N Res. Jpn. 13: 75-78, 1993.
  122. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:耳小骨離断を伴った外傷性顔面神経麻痺症例.Facial N Res. Jpn. 13:217-220, 1993.
  123. 大村正樹、山本悦生、辻 純、水上千佳司、老木浩之、田辺牧人:モルモット血管条血管の実験的血栓形成の試み −ADP電気泳動法−.Otol Jpn 3: 836-840,1993.
  124. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、佐藤進一、篠原尚吾、八木伸也:耳前部より副咽頭間隙へ至る鰓性瘻孔例.耳鼻臨床 87: 375-378, 1994.
  125. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:喉頭癌に対するCO2レーザー・放射線併用療法.神戸市立病院紀要 32:29-34, 1994.
  126. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:中耳手術におけるKTPレーザーの利用.神戸市立病院紀要 32: 25-28, 1994.
  127. Yamamoto E, Muneta Y, Ohmura M, Mizukami C, Oiki H, Tsuji J: Evaluation of cholesteatoma with Gd-DTPA-enhanced MR imaging Cholesteatoma and Mastoid Surgery, ed. by Yukchi Nakano: pp427-432, Kugle Publications, Amsterdam, New York, 1993.
  128. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、日野 恵、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、池窪勝治:口腔内諸症状と唾液分泌能.口腔・咽頭科 6: 151-157, 1994.
  129. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:中耳手術でのKTPレーザーの使用経験.耳喉頭頚 66: 260-264, 1994.
  130. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之:KTPレーザーの耳科領域での有用性.第14回日本レーザー医学会大会 大会論文集: 457-460, 1993.
  131. 大村正樹:プランルカストカプセル投与により鼻閉が改善し血管収縮薬から離脱できた1例.Prog.Med.21(5),127-129,2001.
  132. 大村正樹、牧本一男、山本悦生: ラマトロバン(バイナス錠)の投与により、アレルギー性鼻炎が原因と思われる後鼻漏が消失した症例.Prog.Med.25(7),212-214,2005.
  133. 大村正樹:患者さんの負担軽減めざし短期滞在手術を−鼓室形成術や鐙骨手術を日帰りで−. 味蕾 1010:10-13,2006(1).
  134. 大村正樹:風邪も花粉症も事前の予防と早期治療がポイント. リビング高槻 茨木136,5,2006(1).
  135. 大村正樹:4000例の手術経験を活かして日帰り手術センターを設立. オスピタウン 168. 94-95, 2006(5).
  136. 大村正樹:異物.p391.子供はすばらしい−お母さんとお父さんの子育てのために−(牛尾信也他編)金原出版、東京、2006.
  137. 大村正樹:今月の東西南北. 大阪府医師会報 348:44, 2007(1).
  138. 大村正樹:レポート−安全な医療とは何か−. 大阪府医師会報 349:18, 2007(3).
  139. 大村正樹:耳鼻咽喉の要物. 日本文化放送 ファイル578, 2007.2.19-2007.3.4 放送.
  140. 大村正樹:忙中閑. 少子化について思うこと. 大阪府医師会報 352:24-25.2007(9).
  141. 大村正樹:医者の基本−患者の言うことをよく聞いて− 毎日新聞 大阪版 2008年1月29日朝刊 23面.
  142. 大村正樹:レポート−患者・医療者が互いに信頼と納得の関係を構築しよう− 大阪府医師会報 355:22,2008(3).
  143. 大村正樹:医会サロン−求めない− 大阪府医師会報 356:30,2008(5).
  144. 大村正樹:識者の眼−筆者の紹介 大阪府医師会報 358:21,2008(9)
  145. 山本祐三、牧本一男:難治性口腔咽頭潰瘍 MB ENT 32:1-6,2003.
  146. 山本祐三、牧本一男:難治性口腔咽頭潰瘍 JHONES:21(9), 1347-1350,2005.
  147. 大村正樹:災害医療の経験 高槻市医師会誌みしまの:11,27-28,2008(3).
  148. 大村正樹:忙中閑−グローバル化 大阪府医師会報 360:34-35,2009(1).
  149. 宮地 良樹、大村 正樹、黄 俊清、宮野前 健:アレルギー治療と日常パフォーマンス ―診療科を超えて― Medical Tribune 144:1-4 2009年12月24日
  150. 大村 正樹:手術法の選択 最後は患者の意向で 毎日新聞 2011年5月11日朝刊 19頁
  151. 大村 正樹:今月の東西南北 大阪府医師会報 372:37,2011
  152. 大村 正樹:地球温暖化 大阪府医師会報 376:34,2012

国内学会

  1. 広野喜信、山本悦生、磯野道夫、大村正樹、水上千佳司:末梢性顔面神経麻痺のABR所見.(第11回日本顔面神経研究会 1988.6.17〜18 京都)
  2. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫:他覚的耳鳴症例.(第50回耳鼻咽喉科臨床学会 1988.6.24〜25 京都)
  3. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、森一功:悪性黒色腫の3症例.(第50回耳鼻咽喉科臨床学会 1988.6.24〜25 京都)
  4. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:鼓室硬化症例の検討.(第50回耳鼻咽喉科臨床学会 1988.6.24〜25 京都)
  5. 山本悦生、広野喜信、大村正樹、竹林恵子:鼓室型傍神経節腫症例.(第50回耳鼻咽喉科臨床学会 1988.6.24〜25 京都)
  6. 大村正樹、山本悦生、J.B.Baron:斜面台上足踏検査.(第50回耳鼻咽喉科臨床学会 1988.6.24〜25 京都)
  7. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、森一功、竹林恵子、宮本武、中島秀行、井上俊彦:上咽頭癌のRALS治療.(第12回日本頭頚部腫瘍学会 1988.7.6〜8 横浜)
  8. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子:上顎洞血瘤腫の1症例.(第27回日本鼻科学会 1988.9.22〜24 熊本)
  9. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:中耳手術でのベスキチン使用経験(ビデオ).(第16回日本臨床耳科学会 1988.11.17〜18 京都)
  10. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:鼓室硬化症例の検討.(第16回日本臨床耳科学会 1988.11.17〜18 京都)
  11. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:アブミ骨上部構造固着の2症例.(第16回日本臨床耳科学会 1988.11.17〜18 京都)
  12. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、水上千佳司、広野喜信、竹林恵子、土師知行、森一功:反回神経切断例に対する神経縫合と後筋切断術.(第21回甲状腺外科検 討会 1988.11.? 神戸)
  13. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子、伊藤栄子、 濱田充生:正弦波振子回転時の眼球運動の検討.(第47回日本平衡神経科学会 1988.11.24〜26 宇部)
  14. 大村正樹、竹林恵子、広野喜信、磯野道夫、水上千佳司、山本悦生:甲状腺癌による反回神経麻痺に対する一手術法.(第101回日耳鼻兵庫県地方部会 1988.12.4 西宮)
  15. 広野喜信、大村正樹、山本悦生、北 真行:鼻腔軟骨腫の1例.(第101回日耳鼻兵庫県地方部会 1988.12.4 西宮)
  16. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:鼓室硬化症の臨床 −Ⅱ期的アブミ骨手術を試みた症例を中心に−.(第101回日耳鼻兵庫県地方部会 1988.12.4 西宮)
  17. 竹林恵子、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:鼻腔通気度 計と断層X線による鼻内測定値との比較.(第101回日耳鼻兵庫県地方部会 1988.12.4 西宮)
  18. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:当科における突発性難聴の治療成績.(第102回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.3.18 姫路)
  19. 山本悦生、水上千佳司、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子:経迷路的聴神経腫瘍摘出術の経験.(第102回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.3.18 姫路)
  20. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子:Deep Neck Infection の一症例.(第102回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.3.18 姫路)
  21. 竹林恵子、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:外リンパ瘻症例の経験.(第102回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.3.18 姫路)
  22. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:鼓室硬化症について−臨床像を中心に−.(第90回日本耳鼻咽喉科学会 1989.5.11〜13 大阪)
  23. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:ベスキチンの耳鼻咽喉科領域での使用経験.(第90回日本耳鼻咽喉科学会 1989.5.11〜13 大阪)
  24. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:慢性中耳炎の検出菌と各種薬剤の最小発育阻止濃度.(第19回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 1989.6.3 旭川)
  25. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:顔面神経麻痺で発症した中耳傍神経節腫例.(第12回日本顔面神経研究会 1989.6.23〜24 秋田)
  26. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司:顔面神経麻痺の程度基準の再検討.(第12回日本顔面神経研究会 1989.6.23〜24 秋田)
  27. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、水上千佳司、石原 隆、黄 俊清、倉八博之:甲状腺腫瘍の手術における病理診断の有用性.(第13回日本頭頚部腫瘍学会 1989.6.29〜7.1 大阪)
  28. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:慢性中耳炎の検出と各種薬剤の最小発育阻止濃度.(第103回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.7.9 神戸)
  29. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:耳小骨奇形症例の高空間分解能CT −その有用性と限界−.(第103回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.7.9 神戸)
  30. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:遊離皮弁へのベスキチンの応用.(第103回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.7.9 神戸)
  31. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、竹林恵子:耳小骨形成におけるツチ骨頭の利用.(第51回耳鼻咽喉科臨床学会 1989.7.14〜15 名古屋)
  32. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子:Deep Neck Infection の一症例.(第51回耳鼻咽喉科臨床学会 1989.7.14〜15 名古屋)
  33. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:鼻腔軟骨腫の一例.(第51回耳鼻咽喉科臨床学会 1989.7.14〜15 名古屋)
  34. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:鼻咽腔血管線維腫の1例.(第28回日本鼻科学会 1989.10.20〜21 箱根)
  35. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、竹林恵子:上顎前歯部に発生したエナメル上皮腫の1例.(第28回日本鼻科学会  1989.10.20〜21箱根)
  36. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:ツチ骨頭による耳小骨形成(ビデオ).(第17回日本臨床耳科学会 1989.10.27〜28 東京)
  37. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:側頭骨高空間分解能CTの有用性と限界−耳小骨奇形症例を中心として−.(第17回日本臨床耳科学会 1989.10.27〜28 東京)
  38. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、水上千佳司、磯野道夫:側頭骨亜全摘を行った中耳扁平上皮癌の1例.(第17回日本臨床耳科学会 1989.10.27〜28 東京)
  39. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、磯野道夫、水上千佳司、池窪勝治、日野 恵、黄 俊清、石原 隆、倉八博之:甲状腺全摘症例の術後131Ⅰ全身シンチ.(第22回甲状腺外科検討会 1989.11.12〜13 東京)
  40. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、水上千佳司、広野喜信:当科における突発性難聴の治療成績.(第34回聴覚医学会 1989.11.16〜17 名古屋)
  41. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、広野喜信、磯野道夫:良性発作性頭位めまいの臨床像.(第48回日本平衡神経科学会 1989.11.23〜25 奈良)
  42. 大村正樹、山本悦生、広野喜信,磯野道夫、水上千佳司、春田恒和、田嶋千恵美、 馬場国蔵:小児急性化膿性甲状腺炎の一症例.(第104回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.12.3 尼崎)
  43. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、竹林恵子:中耳腫瘍の一例.(第104回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.12.3 尼崎)
  44. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、藤本敏明、伊藤栄子、田中忍:温度眼振検査自動分析装置の使用経験.(第104回日耳鼻兵庫県地方部会 1989.12.3 尼崎)
  45. 大村正樹、山本悦生、広野喜信,磯野道夫、水上千佳司:EPに対するAnoxiaの影響 −モルモット胎仔と新生仔の比較−.(第37回日本基礎耳科学会 1990.2.9〜10 大阪)
  46. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:鼓膜形成術手技上の問題点.(第105回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.3.11 尼崎)
  47. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、磯野道夫、水上千佳司:当科におけるNeo-adjuvant chemotherapy の有効率.(第105回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.3.11 尼崎)
  48. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:当科における耳下腺腫瘍の現況.(第105回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.3.11 尼崎)
  49. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信:当科めまい外来の現況.(第105回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.3.11 尼崎)
  50. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司:慢性中耳炎の検出菌とその薬剤感受性.(第91回日本耳鼻咽喉科学会 1990.5.17〜19 東京)
  51. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:中耳腺腫症例(ビデオ).(第91回日本耳鼻咽喉科学会 1990.5.17〜19 東京)
  52. 楢村真弓、吉田紀子、桐山行雄、筒井 孟、西尾利一、磯野道夫、大村正樹、山本悦生、内田博也:咽頭部原発悪性リンパ腫の2例.(第4回兵庫県小児血液腫瘍症例検討会 1990.6.9 神戸)
  53. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:両側外傷性顔面神経麻痺症例.(第13回日本顔面神経研究会 1990.6.14〜15 名古屋)
  54. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司:ベル麻痺例の血液検査所見.(第13回日本顔面神経研究会 1990.6.14〜15 名古屋)
  55. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司:当科に於けるNeo-adjuvant chemotherapy の奏効率.(第14回日本頭頚部腫瘍学会 1990.6.28〜30 宇都宮)
  56. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司:当科における耳下腺腫瘍の臨床統計.(第14回日本頭頚部腫瘍学会 1990.6.28〜30 宇都宮)
  57. 山本悦生、水上千佳司、磯野道夫、大村正樹、広野喜信:前庭水管外孔の三次元画像.(第52回耳鼻咽喉科臨床学会 1990.7.13〜14 久留米)
  58. 大村正樹、山本悦生、広野喜信、磯野道夫、水上千佳司:小児急性化膿性甲状腺炎の1症例.(第52回耳鼻咽喉科臨床学会 1990.7.13〜14 久留米)
  59. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、藤木敏明、伊藤栄子、田中 忍:温度眼振検査自動分析装置の使用経験.(第52回耳鼻咽喉科臨床学会 1990.7.13〜14 久留米)
  60. 広野喜信、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司:慢性中耳炎の検出菌のβ−ラクタマーゼ.(第106回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.7.15 神戸)
  61. 磯野道夫、山本悦生、大村正樹、広野喜信、水上千佳司、筒井 孟、楢村真弓: 鼻出血を主訴として来院した小児非ホジキンリンパ腫の一例.(第106回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.7.15 神戸)
  62. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、宗田由紀、船曵和雄、田辺牧人:甲状腺癌遠隔転移症例の頚部リンパ節転移.(第7回関西頭頚部腫瘍懇話会 1990.8.18 大阪)
  63. 大村正樹、山本悦生、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人、石原 隆、服部尚樹、倉八博之:甲状腺癌遠隔転移症例の頚部リンパ節転移.(第23回甲状腺外科検討会 1990.9.21〜22 前橋)
  64. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信:内視鏡を用いたアデノイド切除術(ビデオ).(第29回日本鼻科学会 1990.9.27〜29 宇都宮)
  65. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、磯野道夫、広野喜信、細谷 亮、石川稔晃、鈴木茂彦:遊離S状結腸で再建した下咽頭頚部食道癌症例.(第42回日本気管食道科学会 1990.10.12〜13 鹿児島)
  66. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、稲田由紀:三次元画像による内耳道孔の観察.(第18回日本臨床耳科学会 1990.11.21〜23 大分)
  67. 山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信、水上千佳司、稲田由紀:耳小骨連鎖再建法(ビデオ).(第18回日本臨床耳科学会 1990.11.21〜23 大分)
  68. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、広野喜信:メニエ−ル病の前庭管外孔  −三次元画像による観察−.(第49回日本平衡神経科学会 1990.11.29〜12.1 大宮)
  69. 大森孝一、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人:食道発声と気管食道シャント発声の音質評価.(第107回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.12.2 尼崎)
  70. 船曵和雄、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、水上千佳司、大森孝一、稲田由紀、田辺牧人:当科における食道・気管支異物の現況.(第107回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.12.2 尼崎)
  71. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、磯野道夫、大森孝一、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人:レルモワイエ症候群の1例.(第107回日耳鼻兵庫県地方部会 1990.12.2 尼崎)
  72. 山本悦生、水上千佳司、大村正樹、老木浩之、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人:メニエ−ル病の前庭水管外孔の三次元像による観察.(第38回日本基礎耳科学会 1991.2.15〜16 仙台)
  73. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、船曵和雄、田辺牧人:耳後部膿瘍を呈した先天性真珠腫の1例.(第108回日耳鼻兵庫県地方 部会 1991.3.3  姫路)
  74. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄:鼻アレルギーの症状とRASTスコアの比較.(第108回日耳鼻兵庫県 地方部会 1991.3.3 姫路)
  75. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、船曵和雄:当科における顔面骨折の現況.(第108回日耳鼻兵庫県地方部会 1991.3.3 姫路)
  76. 船曵和雄、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、 本崎孝彦、松本茂男、山本豊城:頭蓋内に浸潤した嗅神経芽細胞腫の一例.(第 108回日耳鼻兵庫県地方部会 1991.3.3 姫路)
  77. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、 船曵和雄:LAN(Local Area Network)を利用した聴力検査結果デ−タ−ベ−スシステム.(第7回耳鼻咽喉科情報処理研究会 1991.3.16 香川)
  78. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人:耳小骨連鎖再建例の聴力成績.(第92回日本耳鼻咽喉科学会 1991.5.16〜18  博多)
  79. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、稲田由紀、船曵和雄、田辺牧人、細谷 亮、石川稔晃、鈴木茂彦:レーザー・ドプラー血流計を用いた移植遊離結腸の血流モニターの試み:(第92回日本耳鼻咽喉科学会 1991.5.16〜 18  博多)
  80. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、船曵和雄、田辺牧人:側頭骨内顔面神経腫瘍の2症例.(第14回日本顔面神経研究会 1991.6.13〜14 神戸)
  81. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、船曵和雄、田辺牧人:顔面神経疾患のMRI.(第14回日本顔面神経研究会 1991.6.13〜14 神戸)
  82. 大村正樹、山本悦生、田辺牧人、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、宗田由紀船曵和雄、日野 恵、伊藤秀臣、池窪勝治:頭頚部癌動注療法への99m Tc-MAA  SPECTの応用.(第15回日本頭頚部腫瘍学会 1991.6.26〜28 東京)
  83. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、田辺牧人、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、船曵和雄:両側耳下腺腫脹で発症した悪性リンパ腫の1例.(第15回日本頭頚部腫瘍学会 1991.6.26〜28 東京)
  84. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄:小児の鼓膜形成術の時期.(第53回耳鼻咽喉科臨床学会 1991.7.5〜6 札幌)
  85. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、大森孝一、宗田由紀、船曵和雄、田辺牧人:レルモワイエ症候群の1例.(第53回耳鼻咽喉科臨床学会 1991.7.5〜 6 札幌)
  86. 大森孝一、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、石原 隆、白根博文、内田博也、樋口佳代子:耳下腺腫瘍で発見された甲状腺微小癌症例.(第53回耳鼻咽喉科臨床学会 1991.7.5〜6 札幌)
  87. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、宗田由紀、船曵和雄:興味ある食道異物の一例.(第53回耳鼻咽喉科臨床学会 1991.7.5〜6 札幌)
  88. 辻 純、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:歪成分耳音響放射と純音聴力.(第109回日耳鼻兵庫県地方部会 1991.7.7 神戸)
  89. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:鎖骨下動脈の走行異常を確認できたNon-recurrent  laryngeal nerveの1例.(第109回日耳鼻兵庫県地方部会 1991.7.7 神戸)
  90. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:金属プレートを用いた下顎再建の2症例.(第8回関西頭頚部腫瘍懇話会 1991.8.17 大阪)
  91. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄:舌根部癌の3症例.(第4回日本口腔・咽頭科学会 1991.8.31〜9.1 京都)
  92. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄:ワルダイエル輪の悪性リンパ腫症例の検討.(第4回日本口腔・咽頭科学会 1991.8.31〜9.1 京都)
  93. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄:外耳道骨腫の2例.(第1回日本耳科学会臨床学会 1991.9.17〜19東京)
  94. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄:鼓室硬化症の鼓室形成術(ビデオ).(第1回日本耳科学会臨床学会 1991.9.17〜19 東京)
  95. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、大森孝一、田辺牧人、船曵和雄、幸 茂男:Gd−DTPA造影MRIによる中耳疾患の鑑別.(第1 回日本耳科学会臨床学会 1991.9.17〜19 東京)
  96. 辻 純、奥村智子、榊原淳二、高木 明、大村正樹、山本悦生:モルモットの歪 成分耳音響放射(DP-OAE).(第36回日本聴覚医学会 1991.11.1〜2 宮崎)
  97. 船曵和雄、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田 辺牧人、白馬伸洋:当科における食道・気管支異物の現況.(第43回日本気管食道科学会 1991.11.14〜15 京都)
  98. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:気管孔再発に対する手術治療.(第43回日本気管食道科学会 1991.11.14〜15 京都)
  99. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:喉頭癌T1・T2症例に対するCO2レーザー放射線併用療法.(第43回日本気管食道科学会 1991.11.14〜15 京都)
  100. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:耳小骨奇形を疑われた外傷性耳小骨離断.(第 110回日耳鼻兵庫県地方部会 1991.12.7 神戸)
  101. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、船曵和雄、白馬伸洋:反回神経麻痺に対する手術治療.(第110回日耳鼻兵庫県地方部会 1991.12.7 神戸)
  102. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曵和雄、白馬伸洋:後筋切除と神経移植を行った反回神経麻痺症例.(第110回 日耳鼻兵庫県地方部会 1991.12.7 神戸)
  103. 辻 純、山本悦生、大村正樹、奥村智子、榊原淳二、高木 明:モルモットDP-OAEの反対側耳音響負荷に対する反応.(第1回日本耳科学会基礎学会 1992.2.21〜22 東京)
  104. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄:前庭水管の発育 −小児と成人の比較−.(第1回日本耳科学会基礎学 会 1992.2.21〜22 東京)
  105. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、大森孝一:後筋切除と神経移植を行った反回神経麻痺症例.(第4回日 本喉頭科学会 1992.3.13〜14 名古屋)
  106. 船曳和雄、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:Primary mastoid cystの1例.(第111回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.3.15 尼崎)
  107. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、船曳和雄、白馬伸洋:巨大な顔面神経鞘腫の1症例.(第111回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.3.15 尼崎)
  108. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋、田中友二:副咽頭間隙膿瘍から脳動脈瘤をおこした1例.(第111回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.3.15 尼崎)
  109. 辻 純、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、船曳和雄、田辺牧人、白馬伸洋、広野喜信:上咽頭癌のremote after loading system治療.(第111回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.3.15 尼崎)
  110. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、船曳和雄、田辺牧人、白馬伸洋:外耳道良性腫瘍症例(ビデオ).(第93回日本耳鼻咽喉科学会 1992.5.15〜17 名古屋)
  111. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、船曳和雄、田辺牧人、白馬伸洋:聴力検査データ管理システム.(第93回日本耳鼻咽喉科学会 1992.5.15〜17 名古屋)
  112. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、大森孝一、宗田由紀、船曳和雄、田辺牧人、白馬伸洋:原発不明癌頚部リンパ節転移の一例 −甲状腺 乳頭癌未分化転化?−.(第45回神戸甲状腺同好会 1992.6.20 神戸)
  113. 辻 純、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、船曳和雄、田辺牧人、白馬伸洋、広野喜信、宮本 武、福田晴行:上咽頭癌のRALS治療(第2報).(第16回日本頭頚部腫瘍学会 1992.6.25〜27 香川)
  114. 大村正樹、山本悦生、辻 純、船曳和雄、水上千佳司、老木浩之:頭頚部癌のリザーバー動注療法.(第16回日本頭頚部腫瘍学会 1992.6.25〜27 香川)
  115. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、船曳和雄、田辺牧人、幸 茂男:正常顔面神経のGd-DTPA造影MR像.(第15回日本顔面神経研究会 1992.7.2〜3 富山)
  116. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、船曳和雄、山本邦之:巨大な顔面神経鞘腫の1症例.(第15回日本顔面神経研究会 1992.7.2〜3 富山)
  117. 白馬伸洋、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人:気管切開術後に気管無名動脈瘻を来たした1例.(第112回日耳鼻兵庫地方部会 1992.7.4 神戸)
  118. 辻 純、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:鼻中隔腫瘍の2例.(第112回日耳鼻兵庫地方部会 1992.7.4 神戸)
  119. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:鼻副鼻腔炎に対するロキシスロマイシンの使用経験.(第112回日耳鼻兵庫地方部会 1992.7.4 神戸)
  120. 大村正樹、山本悦生、辻 純、白馬伸洋、水上千佳司、老木浩之:Non-recurrent laryngeal nerveの2症例.(第54回耳鼻咽喉科臨床学会 1992.7.10〜11 大阪)
  121. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋、田中友二:副咽頭間隙膿瘍に脳動脈瘤を合併した1例.(第54回耳鼻咽喉科臨床学会 1992.7.10〜11 大阪)
  122. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋:自家側頭骨骨片による乳突充填法.(第54回耳鼻咽喉科臨床学会 1992.7.10〜11 大阪)
  123. 船曳和雄、山本悦生、辻 純、大村正樹、水上千佳司、老木浩之:骨破壊を伴った篩骨洞アスペルギローマの1例.(第54回耳鼻咽喉科臨床学会 1992.7.10〜11大阪)
  124. 大村正樹、山本悦生、船曳和雄、大森孝一、松塚文夫、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:原発不明癌の頚部リンパ節転移症−甲状腺乳頭癌の未分化転化?−.(第46回甲状腺同好会 1992.8.22 神戸)
  125. 辻 純、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:頭頚部癌のリザーバーを応用した集学的治療法の試み.(第9回関西頭頚部腫瘍懇話会 1992.8.29 大阪)
  126. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、船曳和雄、白馬伸洋、田中晴夫:難聴、めまいを来たした血管内悪性リンパ腫症例:(第37回日本聴覚医学会 1992.8.30〜31 岩手)
  127. 辻 純、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:鼻中隔腫瘍の2例.(第31回日本鼻科学会 1992.10.2〜3 三重)
  128. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:鼻副鼻腔炎に対するロキシスロマイシンの使用経験.(第31回日本鼻科学会 1992.10.2〜3 三重)
  129. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:喉頭癌に対するCO2レーザー放射線併用療法(ビデオ).(第44回日本気管食道科学会 1992.10.23〜24 東京)
  130. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、白馬伸洋:肋軟骨を用いて形成した声門下狭窄症例.(第44回日本気管食道科学会 1992.10.23〜24 東京)
  131. 白馬伸洋、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人:気管切開術後に気管無名動脈瘻を来たした1例.(第44回日本気管食道科学会 1992.10.23〜24 東京)
  132. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:前庭水管外孔とメニエール病聴力との関係.(第51回日本平衡神経科学会 1992.11.5〜6 前橋)
  133. 大村正樹、山本悦生、船曳和雄、大森孝一、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋、松塚文夫、白根博文、内田博也:原発不明癌の頚部リンパ節転移症例−甲状腺乳頭癌の未分化転化?−.(第25回甲状腺外科検討会 1992.11.8〜9 倉敷)
  134. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、田辺牧人白馬伸洋:真珠腫のMRI所見.(第2回日本耳科学会臨床学会 1992.11.26〜28 横浜)
  135. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:中耳手術での側頭骨骨片、骨パテの利用(ビデオ).(第2回日本耳科学会臨床学会 1992.11.26〜28 横浜)
  136. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:慢性中耳炎手術例での鼓室、乳突洞の検出菌の比較.(第2回日本耳 科学会臨床学会 1992.11.26〜28 横浜)
  137. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、宗田由紀、白馬伸洋、岸本誠司:頚静脈球腫瘍の1症例.(第113回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.12.6 西宮)
  138. 辻 純、山本悦生、大村正樹、宗田由紀、白馬伸洋、田辺牧人、老木浩之、水上千佳司:甲状腺癌気管合併切除後の気管狭窄の2例.(第113回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.12.6 西宮)
  139. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、辻 純、田辺牧人、白馬伸洋:耳下部に発生した悪性神経鞘腫の一例.(第113回日耳鼻兵庫県地方部会 1992.12.6 西宮)
  140. 大村正樹、山本悦生、辻 純、水上千佳司、老木浩之、田辺牧人:モルモット血管条血管の実験的血栓形成の試み −ADP電気泳動法−.(第2回日本耳科学会基礎学会 1993.2.18〜20 筑波)
  141. 辻 純、山本悦生、大村正樹、高木 明、奥村知子:加算平均法によるDP-OAEの測定.(第2回日本耳科学会基礎学会 1993.2.18〜20 筑波)
  142. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、辻 純、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:動画から静止画への画像処理 −当科での一工夫について−.(第9回耳鼻咽喉科情報処理研究会 1993.3.13 岐阜)
  143. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、田辺牧人、白馬伸洋:両側外耳道真珠腫の一症例.(第114回兵庫県地方部会 1993.3.14 姫路)
  144. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、八木伸也:耳前部より副咽頭間隙へ至る鰓性瘻孔の1例.(第114回兵庫県地方部会 1993.3.14 姫路)
  145. 白馬伸洋、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:舌根甲状腺腫の一症例.(第114回兵庫県地方部会 1993.3.14 姫路)
  146. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:リザーバー動注化学療法の頭頚部領域への応用.(第11回リザーバー研究会 1993.4.24 大垣)
  147. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:中耳手術におけるKTPレーザーの利用.(第94回日本耳鼻咽喉科学会総会 1993.5.27〜29 京都)
  148. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:口腔・中咽頭癌に対するリザーバー動注療法の経験.(第94回日本耳鼻咽喉科学会総会 1993.5.27〜29 京都)
  149. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:耳小骨離断を伴った外傷性顔面神経麻痺.(第16回日本顔面神経研究会1993.6.3〜4 高知)
  150. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、田辺牧人、白馬伸洋:左顔面神経麻痺・両側感音難聴で発症した神経サルコイドーシスの一例.(第16回日本顔面神経研究会 1993.6.3〜4 高知)
  151. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:耳下腺腫瘍の臨床統計.(第17回日本頭頚部腫瘍学会 1993.7.1〜3 東京)
  152. 大村正樹、山本悦生、老木浩之、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:当科における喉頭癌の治療成績.(第17回日本頭頚部腫瘍学会 1993.7.1〜3 東京)
  153. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、老木浩之、水上千佳司、小形哲也、田辺牧人、白馬伸洋:耳下部に発生した悪性神経鞘腫の一例.(第17回日本頭頚部腫瘍学会 1993.7.1〜3 東京)
  154. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、八木伸也:耳前部より副咽頭間隙へ至る鰓性瘻孔の1例.(第55回耳鼻咽喉科臨床学会 1993.5.7.8〜9 横浜)
  155. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、高塚勝哉:急性小脳失調性の一例.(第55回耳鼻咽喉科臨床学会 1993.5.7.8〜9 横浜)
  156. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、白馬伸洋:高齢者の慢性中耳炎手術.(第55回耳鼻咽喉科臨床学会 1993.5.7〜9 横浜)
  157. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、立道 清:人工血管による頚動脈再建.(第115回日耳鼻兵庫県地方部会 1993.7.11 神戸)
  158. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:口腔内不定愁訴と唾液分泌能.(第115回日耳鼻兵庫県地方部会 1993.7.11 神戸)
  159. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、日野 恵:口腔内不定愁訴と唾液分泌能.(第13回南大阪耳鼻咽喉科研究会 1993.8.21 大阪)
  160. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人、日野 恵:口腔内不定愁訴と唾液分泌能.(第6回日本口腔・咽頭科学会 1993.9.2〜4 札幌)
  161. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:中耳手術におけるKTPレーザーの利用.(第1回関西臨床耳科学懇話会 1993.9.18 大阪)
  162. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、田辺牧人:突発性難聴に対するリポプロスタグランディンE1の使用経験.(第38回日本聴覚医学会 1993.10.15〜16 名古屋)
  163. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:突発性難聴に対する経口PGE1とグリセロール静注の効果.(第38回日本聴覚医学会 1993.10.15〜16 名古屋)
  164. 大村正樹、山本悦生、田辺牧人、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、立道 清:総頚動脈浸潤例に対する人工血管による再建.(第45回日本気管食道科学会 1993.10.29〜30 佐賀)
  165. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、田辺牧人: 両側外耳道真珠腫の一例.(第3回日本耳科学会 1993.11.4〜6 名古屋)
  166. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人: 興味ある平衡障害を示したフグ中毒の1例.(第3回日本耳科学会 1993.11.4〜6 名古屋)
  167. 山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人: 上鼓室真珠腫の鼓室形成術(ビデオ).(第3回日本耳科学会 1993.11.4〜6 名古屋)
  168. 大村正樹、山本悦生、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人: ADP誘発血管条血栓に対するリポプロスタグランディンE1の効果.(第3回日本耳科学会 1993.11.4〜6 名古屋)
  169. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、澤田正樹、吉田芳信、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:遊離前腕皮弁による口腔・咽頭の再建例.(第116回日耳鼻兵庫県地方部会 1993.12.5 西宮)
  170. 宗田由紀、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、田辺牧人:乳突腔が原発と思われる先天性真珠腫例.(第116回日耳鼻兵庫県地方部会 1993.12.5 西宮)
  171. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人: 動注癌化学療法の組織移行促進法に関する研究.(京大耳鼻科研究発表会 1993. 12.18 京都)
  172. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀: 実験的虚血性顔面神経麻痺に関する研究.(京大耳鼻科研究発表会 1993.12.18 京都)
  173. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人: 下咽頭リンパ管種の1症例(第117回日耳鼻兵庫県地方部会 1994.3.27 尼崎)
  174. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀:頚部滑膜肉腫の一例.(第117回日耳鼻兵庫県地方部会 1994.3.27 尼崎)
  175. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、田坂康之、水上千佳司、宗田由紀、田辺牧人: 動注癌化学療法の組織移行促進法に関する研究.京大耳鼻科研究発表会 1994.6.12 京都)
  176. 田辺牧人、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、小形哲也、宗田由紀:虚血性顔面神経麻痺作成の試み.(第17回日本顔面神経研究会 1994.6.16〜17 浜松)
  177. 水上千佳司、山本悦生、大村正樹、老木浩之、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人:顔面神経麻痺で発症した内耳道内悪性腫瘍症例.(第17回日本顔面神経研究会 1994.6.16〜17 浜松)
  178. 老木浩之、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人: ワルチン腫瘍のTcシンチ所見.(第18回日本頭頚部腫瘍学会 1994.6.22〜24 北海道)
  179. 大村正樹、山本悦生、老木浩之、水上千佳司、小形哲也、宗田由紀、田辺牧人: 口腔癌の治療成績.(第18回日本頭頚部腫瘍学会 1994.6.22〜24 北海道)
  180. 小形哲也、山本悦生、大村正樹、水上千佳司、老木浩之、宗田由紀、田辺牧人: 下咽頭リンパ管腫の1症例.(第18回日本頭頚部腫瘍学会 1994.6.22〜24 北海道)
  181. 大村正樹:短期滞在手術の適応症−3)咽喉頭等疾患. (第4回耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会 2007.7.1 於仙台)
  182. 大村正樹、牧本一男、山本悦生、宗田由紀、末廣篤、須川秀夫、小西康弘:当センターの甲状腺短期滞在手術−縦隔血腫を来たした症例を中心に− 第3回耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会 2008.6.8 於大阪
  183. 大村正樹、牧本一男、山本悦生、宗田由紀:当センターの現況 第6回京阪神耳鼻咽喉科デイサージェリー研究会 2008.12.13 於京都
  184. 大村 正樹、牧本 一男、山本 悦生、宗田 由紀、結城 和央:当センターの現況2010 第8回京阪神耳鼻咽喉科デイサージェリー研究会 2010.12.4 於京都
  185. 大村 正樹、牧本 一男、山本 悦生、宗田 由紀:当センターの現況2011 第9回京阪神耳鼻咽喉科デイサージェリー研究会 2011.12.3 於京都
  186. 大村 正樹:環境・年齢・医療の進歩により術者の手術法・治療法はどう変化するか 3.咽喉頭・頸部領域:第9回 耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会 2012.7.1 於大阪
  187. 大村 正樹、牧本 一男、山本 悦生、宗田 由紀、大村 学:当センターの現況:第10回京阪神耳鼻咽喉科デイサージェリー研究会 2012.12.1 於京都

国際学会

  1. Ohmura M, Raphael Y, Yagi N, Kanoh N, Makimoto K: Effect of glycerol on EP decrease caused by furosemide in adults and neonates of guinea pigs. (ⅩⅨ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 5〜8, 1982, Mainz, West Germany)
  2. Yagi N, Makimoto K, Ohmura M, Kanoh N: Endocochlear potential and furosemide. (ⅩⅨ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 5〜8, 1982, Mainz,West Germany)
  3. Raphael Y, Ohmura M, Kanoh N, Yagi N, Makimoto K: Prenatal maturation of endocochlear potential and cochlear fluid ionic composition of guinea pigs. (ⅩⅨ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 5〜8, 1982, Mainz, West Germany)
  4. Kanoh N, Makimoto K, Ohmura M, Yagi N: The dynamics of electrolyte con-centration in inner ear fluids after peroral administration of glycerol in guinea pigs.(ⅩⅨ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 5〜8, 1982, Mainz, West Germany)
  5. Ohmura M, Makimoto K, Yagi N, Kanoh N, Fukazawa T: Effect of blood pressure on the EP decrease caused by furosemide. (ⅩⅩⅠ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 16〜19, 1984, Taormina, Italy)
  6. Kanoh N, Fukazawa T, Hirono Y, Ohmura M, Makimoto K: The effects of reserpinization on the electrolytes distribution in inner ear fluids.(ⅩⅩⅠ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 16〜19, 1984, Taormina, Italy.)
  7. Ohmura M:EP and electrical resistance of the cochlear duct in maturing guinea pigs.(XXⅣ Workshop on Inner Ear Biology, Aug 30〜Sept 2, 1987,Nijmegen, The Netherlands.)
  8. Isono M, Yamamoto E, Ohmura M:The clinical features of tympanosclerosis.(ⅩⅣ World Congress of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery. Sept 10〜15, 1989. Madrid, Spain)
  9. Ohmura M, Yamamoto E, Isono M, Hirono Y, Mizukami C, Takebayashi K:The difference between adult and maturing guinea pigs on EP response to anoxia. (XXⅥ Workshop on Inner Ear Biology, Sept 3〜6,1989. Paris)
  10. Ohmura M, Yamamoto E, Haji T, Mori K.:Transection of posticus and nerve suture for the recurrent nerve injured cases. (Ⅵ World Congress of Bronchoesophagology Oct 15〜18,1989. Tokyo)
  11. Yamamoto E, Ohmura M, Isono M, Mizukami C:Use of chitin sheet in middle ear surgery. (ⅡInternational Symposium on Transplants and Implants in Otology, Apr 4, 1991. Ehime, Japan)
  12. Yamamoto E, Ohmura M, Mizukami C, Oiki H, Muneta Y:Use of Beschitin-W in middle ear surgery. (Ⅶ Asia-Oceania Congress of Otorhinolaryngological Societies. Dec 2〜5, 1991. Hong Kong)
  13. Oiki H, Yamamoto E, Ohmura M, Mizukami C, Tsuji J, Muneta Y:Two cases of malignant lymphoma in the parotid gland and other lymphoma cases.(Ⅶ Asia-Oceania Congress of Otorhinolaryngological Societies. Dec 2〜5,1991. Hong Kong)
  14. Mizukami C, Yamamoto Y, Ohmura M:Observation of porus acusticus internus by three-dimensional imaging. (Ⅸ Shambaugh/Shea Weekend of Otology. Mar 6〜8, 1992. Chicago, Illinois, U.S.A. )
  15. Yamamoto E, Ohmura M, Mizukami C, Oiki H, Muneta Y: Two cases of intra-temporal facial neurofibroma.(第7回国際顔面神経学会 1992.6.9〜14 Cologne, Germany)
  16. Ohmura M, Yamamoto E, Tsuji J, Mizukami C, Tanabe M: Experimental thrombosis of the stria vascularis in guinea pigs. (29th Inner ear biology workshop 1992.8.30〜9.2 Engelberg, Swithzerland)
  17. Tsuji J, Sakakihara J, Takagi A, Okumura T, Ohmura M, Yamamoto E: Effect of aspirin and lidocatine on DP-OAE in guina pigs. (XXI International congress of audiology, 1992.8.31〜9.4 Morioka, Japan)
  18. Yamamoto E, Muneta Y, Ohmura M, Mizukami C, Oiki H, Tsuji J: Evaluation of cholesteatoma with Gd-DTPA-enhanced MR imaging. (第4回 国際真珠腫学会 1992.9.8〜12. 新潟)
  19. Mizukami C, Yamamoto E, Ohmura M: The vestibular aqueduct and hearing loss in Meniere's disease. (The prosper Meniere society Annual winter meeting 1993, 1993.2.21〜28. Aspen, USA)
  20. Yamamoto E, Mizukami C, Ohmura M: Development of the vestibular aqueduct in Meniere's disease. (XV.World congress of otorhinolaryngology head and neck surgery Jun 20〜25, 1993. Istanbul, Turkey)
  21. Ohmura M, Yamamoto E, Mizukami C, Oiki H, Muneta Y, Tanabe M, Hakuba N,Hosotani A, Ishikawa N, Suzuki S: A trial for blood flow monitoring of transplanted free sigmoid colon autograft using laser doppler flowmetry in cases of hypopharyngeal cancer. (XV.World congress of otorhino-laryngology head and neck surgery Jun 20〜25, 1993. Istanbul, Turkey)
  22. Mizukami C, Yamamoto E, Ohmura M: External aperture of the vestibular aqueduct in Meniere's disease; clinical signs and 3D imaging. (Third International symposium on Meniere's disease Nov 20〜23,1993. Roma, Italy)

pageTop

トップページ治療方針診療案内サージセンターとは?手術紹介医師紹介
施設紹介診療時間・アクセスよくある質問患者様の声予約システム
サイトマップ関連病院・医院

携帯サイトはこちら
ご予約はこちら(インターネット予約)
予約システムについて
写真:大村耳鼻咽喉科の外観

大村耳鼻咽喉科

大阪府三島郡島本町広瀬5-4-5

TEL:075-963-2080

  • 阪急京都線水無瀬駅より徒歩5分
  • JR島本駅より徒歩7分
  • 名神高速大山崎インターより3分
  • 駐車場あり(医院前4台、斜め向い6台、合計10台)

診療時間・アクセス

ホーム

トップ > 論文・参加学会