耳、鼻、のどの手術・短期入院ができるサージセンター大阪 大村耳鼻咽喉科

手術紹介

大村耳鼻咽喉科で主に行っている手術をご紹介させて頂きます。

鼓膜切開・鼓膜チューブ留置術

耳の奥に液がたまる、滲出性中耳炎の際に行う処置です。

慢性疾患としての滲出性中耳炎性中耳炎

写真:慢性疾患としての滲出性中耳炎性中耳炎

鼓膜の奥(中耳)に液がたまる滲出性中耳炎は、耳と鼻をつなぐ「耳管」と呼ばれる管に、鼻の穴から空気を通し、液の排泄を促す治療を行ないます。しかし、慢性的な疾患であるこの病気は患者さんによってはそれだけでは治療が不十分である場合があります。そのような場合に以下のような外科処置を行っていきます。

鼓膜切開

写真:鼓膜切開

鼓膜の奥に溜まった液を排泄させるために、鼓膜に小さな穴をあけて、液を取り除きます。鼓膜は再生力が強く、繰り返し行っても心配はありません。鼓膜に麻酔液を浸し、麻酔をしてから切開を行います。 処置自体は2〜3分で終了しますし、入院等も必要ありません。

鼓膜チューブ留置術

写真:鼓膜チューブ留置術

鼓膜切開を何度か行っても、滲出性中耳炎が再発するような場合には、常に液体を継続的に排泄できるように、鼓膜切開をした後に換気用のチューブを挿入します。チューブを入れることにより、中耳の状態が大幅に改善されます。チューブは一定期間が経てば、自然に抜け落ちることが大半です。医師が除去する場合もありますが、除去後は鼓膜は元のように塞がりますので心配はありません。

問診表ダウンロード

当院の問診表をこちらからダウンロードして頂けます。お時間がございましたらご記入の上、当院にお持ち下さい。

その他の手術内容

pageTop

トップページ治療方針診療案内サージセンターとは?手術紹介医師紹介
施設紹介診療時間・アクセスよくある質問患者様の声予約システム
サイトマップ関連病院・医院

携帯サイトはこちら
ご予約はこちら(インターネット予約)
予約システムについて
写真:大村耳鼻咽喉科の外観

大村耳鼻咽喉科

大阪府三島郡島本町広瀬5-4-5

TEL:075-963-2080

  • 阪急京都線水無瀬駅より徒歩5分
  • JR島本駅より徒歩7分
  • 名神高速大山崎インターより3分
  • 駐車場あり(医院前4台、斜め向い6台、合計10台)

診療時間・アクセス

ホーム

トップ > 手術紹介 > 滲出性中耳炎